示談で弁護士に依頼

交通事故に遭って被害者になると通院や入院をしなければなりませんが、その後にそういったことに対する慰謝料などの支払いのため、示談交渉を行う必要があります。

示談交渉相手としてはまずは相手方保険会社があります。

慰謝料を支払うのは相手方保険会社のため、保険会社との示談交渉をしなければなりません。

しかし一般的に被害者は慰謝料の算定に関してはあまりよく知らないものです。そんな方が保険会社と対等に交渉をすることはできないものです。

そんな時には弁護士に相談をまずするとスムーズな対応をすることができるものです。また場合によっては交渉を弁護士に依頼することもできます。保険会社との交渉で弁護士に依頼をすることは精神的に楽なものですし、受け取る慰謝料の額も上がるものです。

示談交渉を相手方保険会社と行っても交渉がうまくいかない場合があります。特に慰謝料が高額になるようなケースでは特にこじれて交渉が決裂することも多いものです。そんな時には訴訟を行って解決したほうがスムーズにいきますし、慰謝料の大幅な増額を図ることができます。

訴訟を行う際には弁護士に代理人になっていただく必要があります。訴訟を起こすことは人生の中であまりないために大げさに感じる方もいますが、訴訟はスムーズな解決のためにいいことでもあるのです。ですから交渉がまとまらない時には思い切って訴訟を前提に弁護士に依頼をすることもお勧めです。

具体的にはどのような弁護士の依頼ができるのでしょうか。

保険会社との示談交渉

詳細…アディーレ:交通事故示談流れ